アンバーのせいにして/Blame Amber


ー アンバーのせいにして、2ndシングル「Bitter Fusion」リリース!ー
「あの日の焦燥感をぶっ壊しながら四季の波に乗る」

 2024年10月20日、唄とダンスのユニット『アンバーのせいにして』が新曲「Bitter Fusion」
をリリース!

・各配信リンク https://link-map.jp/links/3zG7wseM

素朴で透明感のある歌声と躍動感あるダンスが持ち味のSaaya Pajamandamの
ユニット名義ながらソロ作として、過去の焦燥と押し寄せる四季に立ち向かいながら
リスナーと共に成長していく楽曲。
 作詞・作曲含めたサウンド面はDayonashiik(ダヨナシイク)が全て手掛け、 ダンスミュー
ジックやブレイクビーツ・ヒップホップ的要素を織り交ぜた音楽性と 抽象的ながらも現代の底の
方から気持ちを掬いあげる詞世界が<アンバーのせいにして> と融合して新たな表現を構築して
いく。
 またSaaya Pajamandamのダンスとイラストなどアートワーク(MV, ジャケット)にもご注
目!音楽とダンスの力を信じ、新たな季節への希望を抱く魅力的な旅の始まりとなるように。

・楽曲クレジット
アーティスト名 アンバーのせいにして / 曲名 Bitter Fusion
メンバー Saaya Pajamandam(ジャケット写真)
作詞・作曲・編曲・マスタリング Dayonashiik

 

コラボシングル 聖なる逆襲 https://linkk.la/seinaru
作詞・作曲・編曲 Dayonashiik
ボーカルユニット[アンバーのせいにして],ダンスグループMWMW(モウィモウィ)
のコラボレーションシングル。ダンスを大幅にフューチャーMVはこちら!


1st シングル/生まれ変わりヒーロー → https://linkk.la/umare
作詞・作曲・編曲 Dayonashiik
MV 高橋萌登(シーユーインヘル、MWMW)

 

・ユニットプロフィール(現在Yoiが休業中)
Saaya PajamandamとYoiによる日常から特別を産む蜃気楼ボーカルユニットとして
ダンサー・振付家・音楽家 KENTARO‼︎(Dayonashiik)と通じて出会い、結成。
Saaya Pajamandamは大学でダンスを専攻し、明るさと儚さを併せ持つ素朴なパフォーマーで
自らアートワークやイラストを手掛ける。宵は特徴的な歌声を持ち、小柄ながらも不思議な魅力を
持っている。これからの成長をほんのり見守りたくなる2人。今後はメンバーを増やす予定も考慮
して、独自の形態を模索している。

・コンセプト
どこにでもあるような感情を生活というフィルターを通し、分かりやすさと不可思議さを追求し
発信する。

『地獄があるなら天国だってあるように、私たちはユニコーンの背中の上で眠る』
<インスタグラム>
アンバーのせいにして @blame_amber

Saaya Pajamandom @sayapochann